テレクラでセフレ作るときに心掛けること

基本的にテレクラでツーショットを利用したセフレを作りのチャートとして

1.テレクラで女性と出会う事。
2.出会った女性とセックスをする事。
3.相手が望まない限りノーマルなプレイからスタート。
4.ワンチャンスのセックスで相手に認めてもらう。
5.相手のプライベートに自ら深く干渉しない。

他にもテレフォンセックスや伝言ダイアルからセフレに発展ケースも有りますが今回はツーショットをメインに実体験や経験則を元にセフレを作るためのチャートを考えてみました。

テレクラでアポは取れるけど、エッチまで発展しないと悩んでいる男性や、エッチまで何回も行けているのにセフレが作れないと方は、頭ごなしに「俺は出来ている!」と思わずに「本当に出来ているのか?」と思いながら読み進めて下さい。

セフレ作りのキッカケをしっかりと理解して、そしてセフレを作るためのチャートを自分自身で実践してみてください。

テレクラで女性と出会う事

出会い系でも同様ですがが、セフレだろうが彼女だろうが、相手の女性と会わなければセフレどころかセックスさえ出来ません。女性と出会うことこそがセフレ作りの第一歩です。そして出会い系と違ってテレクラは女性と出会いやすくなっているので、あの手この手で女性との約束を取り付けて出会うことを再優先しましょう。

出会った女性とセックスをする事

セフレになるからにはお互いの相性や性癖などとても大切なことなのでお互いの体で確認しましょう。Sな男性とSな女性が出会った所で2人がセフレになるなんて想像もできません。そういった意味でお互いの性癖や趣向はとても大切ですので、セフレを前提として相手を満足させることが出来るセックスをしましょう。

相手が望まない限りノーマルなプレイからスタート

セフレ関係をスタートさせて初めて直面した問題の一つにマンネリという敵が潜んでいます。毎回同じようなプレイではマンネリしてしまいますし、初めてのセックスでハードなプレイをしてしまうと後が続きません。その他にも自分の性癖を相手に押し付ける行為もプラスに働くことは少ないと思っておいた方が良いかもしれませんね。

ワンチャンスのセックスで相手に認めてもらう

テレクラで出会う事が出来た全ての女性とセフレになることは100%不可能です。でもテレクラでセフレを作ること自体は難しい事ではないので、たった1回のセックスになるかもしれませんが、このチャンスを無駄にしないように、相手の女性が貴方のテクニックに溺れるようなセックスを心がけましょう。相手女性を最高に満足させることこそがセフレのキッカケになるでしょう。

相手のプライベートに自ら深く干渉しない

お互い都合がいい時にセックスするだけの関係こそがセフレです。にも関わらず必要以上に相手に干渉する必要はありません。そして簡単な関係性であるが故に関係を継続させることも簡単ではありません。

余計な詮索をすると相手女性は必ず警戒するでしょう。警戒されると今までの努力は水の泡・・・プライベートな会話は必要最低限に留めておきましょう。セフレとの時間で日常を忘れる事を求めている女性だって少なくないです。